mem02
先週末のNYダウは小幅上昇し6連騰、日経平均も大幅に上昇して連休に入っています。

アベノミクス相場のスタート時のような積極的なリスクオン相場ではなく、8月チャイナショックで売られていたポジションがようやく巻き戻している印象です。

チャイナショック→株価下落、原油下落、資源国通貨下落となっていたものが、先週までに巻き戻しています。

金融政策面では9/17FOMCで利上げを見送りながらも年内利上げを堅持している

FRBですが、前回の雇用統計を受け米利上げ観測は大幅に後退しています。

一方でECBは緩和拡大に消極的な発言が目立っています。

総合的に見てユーロドルの底堅さが出てきそうな環境です。

今週も宜しくお願いします。


取材等のお問い合わせ