本日は、日本時間午後9時30分に10月のニューヨーク連銀製造業景気指数(予想-8.00)、9月の米消費者物価指数(予想前年比-0.1%)、
週次の米新規失業保険申請件数(予想27.0万人)、そして午後11時に10月のフィラデルフィア連銀景況指数(-2.0)の発表が予定されています。

EUR/USDの1時間足を見てみますと、ジリ上げを続けており、相変わらず、ショートが切れていないように思われます。

マーケット参加者の誰かが買い戻しても、新たに戻り売りをするマーケット参加者もいて、結局、ショートの総量は変わらないという状況が続いているように思われます。

この上げに終止符を打つためには、一回、思いっきり上げて、ショートが切れなくてはならないと思います。

ただ、段々に上げる斜度が急になってきており、吹き上げるまでに、もうそれほど時間はかからないのではないかと考えています。

その意味から、今日のロンドンでは、大々的なショートスクイズ(ショートのあぶり出し)が出る可能性はあると見ています。

その過程を踏まないと、延々と戻り売りと買戻しを繰り返すことになりそうです。

* * * 各通貨の分析および具体的なターゲットはメールマガジン「FXマーケットフォーカスト」にて。


取材等のお問い合わせ