本日は、日本時間午後10時30分に週次の米新規失業保険申請件数(予想27.0万件)翌午前零時に11月のフィラデルフィア連銀景況指数(予想-0.3%)並びに10月の米景気先行指数(予想0.5%)の発表が予定されています。

EUR/USDのポジションは、11月13日以降買い下がりによるロングの投げが繰り返されて17日のニューヨークタイムまで下げたと見ています。

安値圏で、今度は、ベア(弱気)になり、特に18日の18時前後に1.0693まで上げてから、もう一度1.0617まで踏み込んだところで、ポジションがショートに転じたもようです。

そして、今度はマーケットがショートになっているところでジリ上げとなり、戻りを売るマーケット参加者が増えたためにマーケットはかなりショートに偏り、今度は高止まりとなっています。

この状況をロンドンが見たらマーケットはショートであることは見逃さないものと思われます。

つまり、今日はロンドンは買ってくると思います。

まずは、ブレイクできるか試すものと思われます。
ブレイクすると下に割れるまでの強いサポートであった1.0800を試す可能性が出てくるものと見ています。

* * *

各通貨の分析および具体的なターゲットはメールマガジン「FXマーケットフォーカスト」にて。


取材等のお問い合わせ