今週11/23-27は米感謝祭絡みで市場は薄商いになりそうです。

為替市場でも来週12/3ECB理事会、12/4米雇用統計を控えて様子見姿勢が強まりそうです。

為替市場は当面、ECB追加緩和観測を受けたユーロ安、米利上げ観測を受けたドル高がどこまで進むかを見るのみです。

チャートとポジションの傾きを日々チェックし、12月中に出てきそうなトレンド反転のサインを見ていきましょう。

原油価格や金価格なども現在のドル高がトレンド転換しないと本格上昇には入らないはずです。

ドルのトレンドが変わればあらゆる市場で変化が起きるでしょう。

mem02


取材等のお問い合わせ