今週、週初はFOMCを前に、ボラティリティの小さい

クリスマスムード漂う相場でしたが、

中盤の12月9日(水)欧州時間から突如相場が動き出しました。

 

毎日配信している【ボリ平式BO1本値比較表】では、

21時からの時間差比較で、ドル円でも50銭以上の値幅が続き

ロンドンFIXからは1円近くの変動がありました。(それ以前はほぼ10銭未満)

この荒れ模様が、明け方5時までずっと続いたのです。

 

この相場変動の事前予測は【TPTチャート】で判ります。

12月9日の午前中、すでにチャートパターンが変わっている事に気が付きました。

 

この2年間、私はある一定のチャートパターンを研究していますが、

何らかの「事件」が起きる前に

「すでにチャートの様子が変わっている」という事が良くあるのです。

 

・5.23ショックの時も

・キプロスショックの時も

・スイスフランショックの時も

 

コトが起きる前、朝からすでに相場つきが違うのです。

 

これに気づかずにいると、普段通りのトレードをしても

大きく損を出してしまうので、

その都度「イタイ経験」として記憶に残っています。

 

ですから、今回は

「理由は分からないけれど、様子を見よう」

という姿勢が私にもあったので、想定外の動きにも対処できました。

 

トレーダーは、要因が何かよりも

目先のトレードで負けない事が重要です。

 

あとから、「あ~今回は原油安が要因なんだ」

って事が、マーケットニュースで分かればいいんです。

 

この後は大きな『デイトレタイム』となりました。

難しく考えずに、【トレンド方向へ順張り】をするだけで

大きく利益を出せたのではないかと思います。

 

今週は、「チャートの形」が変わったことに気づいた事で

リスク回避が出来た事が、良かった1週間でした。

 

■一目ボリンジャーの設定方法をYoutube動画で配信しています。

 

一目ボリンジャー手法公開

 

良かったらご視聴下さい。

【ボリ平流】一目ボリンジャー設定方法(GMOクリック証券プラチナチャート)

 

来週は今年最後のFOMCがあります。

頑張ってまいりましょう~♪

 

 

◎メルマガ講座の補足としてサポートブログを設けました。

トレーダーボリ平のスッキリ!FX/BO投資術ブログ版

こちらへも是非お立ち寄りください。

 


取材等のお問い合わせ