12月14日週は

FOMCの発表があり、9年ぶりの利上げとなりました。

 

■12月17日AM4:00~4:16の動き

1217FOMC

 

(12月18日配信号のテキストより抜粋)

 

ドル円は、発表直後に122.30円近辺まで上昇

すぐに反落し121.70円まで売られ、

再び反発して122.00円乗せという乱高下。

ユーロドルとは逆相関

これは、FOMC発表後に米株が上昇したのに合わせ

一時的に「ドル買い=他国通貨売り」に傾倒したのだと思います。

 

■今週の相場は

2015年も残り2週間を切りました。

今週は、23日が国内祝日。

24~25日はクリスマス休暇で、海外主要市場が休場となる事から

相場は全体的に「薄商い」が予想されます。

 

先週が荒っぽい値動きとなったため、

今週は動意が少ないと思いますが、

突発的な動きには十分注意を払って行きたいものです。

 

■年末年始の相場について

メルマガ内でも書きましたが、

『年末年始の相場』に対して、国内と海外とでは認識が大きく異なります。

 

欧米ではクリスマス休暇が明けると、

”年を越す前に” 実質的な「新年相場」が始まります。

 

お正月三が日までゆったりムードの国内とは

かなり温度差があります。

この期間の動きに大きなヒントがあったりするので

そういった視点で相場を見ていただきたいと思います。

 

2016年は三が日に「土・日」が入るので例年よりは温度差が少ないかも。

 

 

◎メルマガ講座の補足としてサポートブログを設けました。

トレーダーボリ平のスッキリ!FX/BO投資術ブログ版

こちらへも是非お立ち寄りください。

 


取材等のお問い合わせ