1月第3週も、変動の激しい1週間となりました。

 

1月20日(水)には、ドル円が2014年1月16日以来の 115円台をつけ、

スイスフランショックの水準まで到達し NY原油先物も26ドル前半まで下落。

 

しかし1月22日(金)は日経平均株価が900円超となる大幅上昇。

ドル円も118円台回復、リスク回避に対する巻き返しがありました。

 

来週からはまた違ったテーマ

『米FOMC、日銀追加緩和期待』という材料もある事から

相場にも変化が見えるのではないでしょうか?

 

『初心者向けほったらかしBO手法』

週の中盤では、ボラティリティがさらに上昇、

ラダー幅が広がって大変でしたが、週末の22日(金)は

18日(月)同様に【9/10】という好成績で、落ち着きが戻って来ました。

◎結果はこちらから➡ボラが広がりここまでラダー幅を変えて来るとは・・・

 

 

■日経平均に連動するドル円

金曜日の日経平均株価は後場に急上昇

2日間で1000円下げたあと、1日で941円高という大幅反発を見せました。

 

1月25日日経

 

ここをテーマにしたBO取引も行いましたが

思っていた以上に力強さがあり、ちょっとドキドキしたトレード内容となりました。

 

1月第2週は、最もボラティリティの高い相場となりましたが、

ここまでのボラは要りません(笑)

 

1月最終週はもう少し落ち着いて、「良いBO日和」になるといいですね。

 

 


取材等のお問い合わせ