日足で、ドル/円、クロス円は、長めの下ヒゲが出ており、こういう時は、往々にして反発することが多いと言えます。

ただし、目の前の相場を見てみますと、非常に動意が乏しく、それほどポジションがショートにも、ロングにも偏ってはいないものと思われます。

従い、ここで、テクニカル的に見て、下ヒゲが出たとばかりに買ってしまうとロングになり、逆に反落することになるように思います。

つまり、現状の相場では、それほど、ポジションがロングにもショートにも偏っておらず、買えばロングになって下げ方向に戻すでしょうし、売ればショートになって、上げ方向に戻すのではないかと見ています。

たぶん、111.00接近で介入警戒も既にあるため、思い切った売りが出て来なかったものと思われます。

こうなると、あまり介入を警戒するあまりに、下を試し切らないで、むしろ買ってしまうことになると、逆に下がりやすくなるように思われます。

* * *

各通貨の分析および具体的なターゲットはメールマガジン「FXマーケットフォーカスト」にて。


取材等のお問い合わせ