「4月は強い」のアノマリー通り、今年もダウが堅調に推移しています。

週足チャートなどを見ると、昨年11月の戻り高値を超えてきたことから、ダブルボトム完成という解説もごく一部で出ています。

ダブルボトム形成から「ネックラインの倍返し」という教科書は、チャートの形状が「W」を描く前の相場が下落トレンドだった時のみ有効です。

これは売りが溜まっているという前提条件が、ネックライン超えから倍返しとなるエネルギーとなるというメカニズムで狙うものです。

確かに18,000ドル節目や、18,351ドル史上最高値を抜けると売り手も買い戻しも一定程度出てきますが、

倍返しとなる可能性は高くないと、現状認識しておくべきでしょう。


取材等のお問い合わせ