6月23日にイギリスのEU離脱を問う国民投票があります。

今のところ、「残留派vs離脱派」ともに僅差のようですが

結果によっては、市場に大きなインパクトを与えます。

 

投資家の皆さんも、この投票結果に注目をしていると思いますが、

この乱高下を狙った為替取引はお勧めできません。 

どちらに行くかわからない相場に投資するなどナンセンスです。

 

FX業者サイドでも各社注意喚起を促しているように

投資家・業者双方に投資リスクがあります。

 

最も懸念されることは”レート配信が途絶える恐れ”です。

「レートが表示されない」という大きなリスク

こうなってしまうと、マージンコールやロスカットは作動しません。

また、レート配信が再開された際どの価格を拾うかわかりません。

 

投資系のサイトやトレーダーがブログやSNS等を使って

国民投票を狙った一角千金のトレードとして

投資を促しているところもありますが、それは本気でトレードをしていない人です。

普通はこんなリスクの高いところではやらないからです。

 

6月23日~24日は

大方の体勢が決まり、相場が納得のいく動きをし始めたら

トレードを再開したいと思います。

 

 


取材等のお問い合わせ