本日は、日本時間午後10時15分に12月のADP雇用統計(予想17.5万人)、午後10時30分に週次の米新規失業保険申請件数、そして午前零時に12月のISM非製造業景気指数(予想56.7)の発表が予定されています。

ドル/円、クロス円のロングのロスカットは一巡したもようで、様子見気分が強くなっています。

このロングの積み上がりは、まさに「これは上がる!」という直観的な上昇期待からできたロングであり、下支えのあるものではなく、買い過ぎれば、重くなり反落するものです。

言い換えれば、上昇するための一方向のフロー(資金の流れ)がなければ、このように反落してしまうものです。

この買いが投機の買いか実需や投資家の買いかを見分けることが必要です。

だいたいの見分け方は、時間のない投機は、何しろ性急に事を運ぼうとするのに対して、実需や投資家はそれほど急いではいません。

そんなところからも、どういう性質の売り買いなのかは判断できます。その判断を身につけるためには、やはり、経験を積むことが必要です。


取材等のお問い合わせ