株式市場はリスク回避モードとなっていますが、
成長産業に目を向けたお話をしたいと思います。

(少し長くなりますが、よろしくお願いします。)

今回は、VR(仮想現実)のゲーム関連に触れたいと思います。

私が体験した事のあるVRゲームと言えば、
USJのアトラクション「バックトゥーザフゥーチャー」です。

実際は四角い箱に乗ってガタガタしてるだけなのに、
本当に落ちたり恐竜に食べられたり崖から墜落しているような感覚になるものですから、
一緒に乗った母は、フリーホール搭乗さながらの悲鳴をあげていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなリアルを追求したVR!
ソニーがプレステVR、を10月に!任天堂がNXを2017年3月に発売!

例えばソニーのプレステVRは、PS4対応のヘッドマウントディスプレイ
(頭につける大きなゴーグルみたいなやつ)を装着すれば、
現実にないものをリアルに感じることができるわけです。
しかも、目の動きに合わせたプレイができると言います。

PS VRには国内35社、世界230社以上の
ゲームデベロッパーが参入を表明しています。

用意されているタイトルの一例を挙げると、
スクエアエニックスの「ファイナルファンタジー(FF)15」
カプコンの「バイオハザード7」等の大ヒットタイトルもあります。

【VRゲーム関連】
<6758>ソニー プレステVR、を10月発売
<6758>任天堂 VR 来年3月発売
<3676>ハーツユナイテッド(ソフトウェア不具合を検証して直して好業績)
<3724>ベリサーブ(ソフトウェア不具合を検証して直して好業績)
<9684>スクエニ(ドラクエ、FFの横展開、中国でも成功して好業績
FF15による増益分は80億円と推定されます)
<9697>カプコン(モンハン、ストリートファイターなどヒットタイトルは60タイトル以上)
<9766>コナミHD(メタルギア、遊戯王アプリが業績上振れへの材料)
など

今回はゲームだけを見ましたが、VRは遠隔医療など医療関連や教育にも活用され、
VR市場は2025年には1100億ドルの巨大市場になると予想されています。

新たなゲーム機器の登場で、ゲーム会社はすでに持っているタイトルを
横展開することができるため、ゲーム市場そのものが成長すると思います。

【どんな企業がいいか?】
個人的には、ゲーム会社への投資はすでにヒットタイトルを持っていて
それが一つではなくいくつかある企業がいいと思っています。

ヒットタイトルがあるとそれを、コンソール機器、携帯ゲーム機、PC、スマホに
横展開することができます。
また、一つしかヒットを持っていないと、飽きられることを考えると
常に特許におびえる製薬企業のように、ヒットするかどうかわからない
開発に費用を投じ無ければなりません。

あとは財務基盤がしっかりしている方がいいですね。
低迷期が続いてもどうにか切り抜けられますし、
開発費にお金をかけることができますので。
現金をどれだけ持っているかもチェックするといいでしょう。

---------------------------------------------------
また、前回ご紹介した鎌倉新書について、
日本株市場の下落に押されてしまいました。
反発に期待し、長期目線で見ていきたいと思います。

ブログをもっと読む

2016年ご紹介した銘柄を3月末まで保有した場合の累計騰落率
は、
293.4%  取り組みやすい優良銘柄をご紹介しています!
side_bnr11


取材等のお問い合わせ