PlayStation VRにワクワク

こんばんは、小池です。

ソニーの成長ドライバーの一つであるゲーム事業がまた大きく飛躍しそうですね。

米Facebook傘下オキュラスVRの「リフト」、米バルブと台湾HTCが共同開発した「バイブ」は、この春に発売されたVR端末です。
10月13日にはソニーから「PlayStation VR」が発売されるわけですが、価格とすでに存在する巨大なユーザー基盤が武器となりそうです。

価格は「リフト」が599ドル、「バイブ」が799ドル。
この2種はゲームPCに繋いで使うため、加えて1000ドル位の高性能PCが必要だと言います。
結局全部で20万円くらい必要になるんですね。

対して「PlayStation VR」は399ドル。別途必要なカメラが59.99ドル。
PS4に繋ぐので394.99ドルが必要になるのですが、まとめて買っても1000ドル以内に収まります。

しかも既にPS4のユーザーは世界に4000万以上存在して、4000万台のPS4からオンライン販売で購入できるのですから強いと思いませんか。

ちなみにPS4は、普及拡大を狙って価格を50ドル値下げしたことで、またたくまに売れました。
既に存在するVRゲーム機器の中では突出して価格競争力が強いですし、巨大なユーザー基盤から、普及スピードはめちゃくちゃ速くなるのではないでしょうか。

明日、7/23からPlayStation VRの予約受付が再開するとのことで、株式市場でも盛り上がりが期待されます。

同社は29日に1Qの決算発表を控えています。
16/3期は、PS4が牽引役となったわけですが、今期はさらに強く引っ張っていくのではないでしょうか。

株価の上昇に期待したいと思います。

****************

ブログをもっと読む

ご意見・ご要望お待ちしています。

2016年ご紹介した銘柄を3月末まで保有した場合の累計騰落率
は、293.4%  取り組みやすい優良銘柄をご紹介しています!
side_bnr11


取材等のお問い合わせ