こんにちは、小池麻千子です。

株式市場は、寒さも吹き飛びそうな活況ぶりですね。

日経平均では50日移動平均線が200日移動平均線を上に突き抜ける
ゴールデンクロスが発生しています。

大相場に発展する初動段階で、
本格的な上昇相場に発展する可能性が高い
と思います。
(簡単ですが相場の流れは下の方にございます。)

すでに乗り遅れたと思っている方もおられるかもしれませんが、
10月末の17425円からみると、上昇幅はまだ10%程度です。
つまり、まだチャンスは継続しています。
今、はじめなきゃ、いつ始めますか、ということです。

この数年に1度の大チャンスを逃さないでください!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
通信では、
週に一度の相場見通し&ポジション推奨
個別銘柄の分析レポート2本~
月に一度のファンダメンタル優良トップ銘柄
を配信しています。

side_bnr11

相場の速い流れにはついていきにくいという方
是非ご利用してみてください。
月会費2500~3400円
入会金は無料です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
2016年を振り返ってみると、6月には
ブレグジットによる政治的な懸念が浮上しましたが
BOEが想定以上の金融政策を講じたことで
その懸念は払しょくに向かいました。

ポイントは、
すでに日欧で継続して金融緩和が行われているところへ
英国の緩和策が加わったのです。

これはつまり、世界的な金融緩和強化と
財政拡大中にあるということです

現在のマーケットは金融相場真っただ中なのです。

加えてトランプ次期大統領の経済政策による
景気拡大への期待が生まれ、
米国金利の上昇とドル高の流れとなっています。

さらに、先週のFOMCでは
利上げペース拡大が明らかになりました。
米10年債利回りは2.59%まで高値水準に上昇し、
2年債利回りも09年以来の高水準となったのです。

その一方、日本は引き続き超低金利状態なので、
金利差が拡大しており、
ドル高は一段と進み、円安の流れとなっています。

こうした流れから、円安相場と日本株市場は
相当強いものと見ることができます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

株が初めてという方は、毎日機械的にETFを購入していく、
という方法でもコストが平均化されるので、いいと思います。
--------------------------

小池麻千子の業界散歩は
お休みさせていただきました。
他にコラムなどを寄稿させて頂いておりますので
もしよろしければご覧ください。

ヤフーファイナンス
今は7連勝しています。

マネーポストWeb
「株価上昇で注目度高まる
 NISAのメリット・デメリット」他


取材等のお問い合わせ