こんばんは、小池麻千子です。

日本株はドル円の頭が抑えられていることで
日経平均はじれったい動きとなっていますが、
東証マザーズは年初来新高値を作っており、
またジャスダック指数は絶好調です。

ところで、日本株を見るにあたっては米国を必ず見なければなりません。

世界の覇権国米国は、自分にとって有利な金融政策や
貿易対策を推し進めています。
そして金本位体制が終わってもなお、世界の基軸通貨であり
世界の金融の中心なのです。
そしてそんな米国株市場は世界の時価総額の3分の1を占めているのです。

今、米国株は、好調な経済に支えられた環境でトランプ大統領による
規制緩和やインフレ投資、減税策への期待が高まっている状況下で、
主要3指数が最高値を更新しています。

米国10年債利回りは2.5%まで上昇、ブレークイーブンインフレ率も
+2.0%とプラス圏にあり、経済が拡大していることを示しています。
一般的に中央銀行は、このブレークイーブンインフレ率の動向を追った
金融政策を行うとされていること、また雇用も消費も良好な指標が発表
されていることから、FRBは利上げに前向きになっています。

このように強い経済が示されていることから、
今の時点では利上げが株式市場に悪い影響を及ぼす
という心配はほぼ不要なところまで来ていると思います。

米国経済は強く長期金利はインフレを織り込もうと
していることから、ドル安には傾きにくいと思います。

(2月ニューヨーク連銀製造業景況指数+18.7(予想7.0%)、
1月米小売売上高前月比+0.4%(市場予想0.1%程度)、
米1月コアCPI前月比+0.3%、前年比+2.3%、
ISM製造業景況指数(2年ぶりの高水準)、
雇用統計(賃金の利率鈍化も雇用者数は大幅増)、
企業投資・輸入の増加・・・と押しなべて強いです★)

日本株市場は現在、為替が思うように円安にいかないことから、
本当にじれったい動きをしていますが、
環境はいいと思うので、長期的にみると上昇していくと思っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
通信では、
週に一度の相場見通し&ポジション推奨
個別銘柄の分析レポート2本~
月に一度のファンダメンタル優良トップ銘柄
を配信しています。

side_bnr11

上昇トレンドを逃したくない方へ
中期的な投資スタイルの方へ
是非ご利用ください!
月会費2500~3400円

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


取材等のお問い合わせ