皆さん、こんにちは

金曜日の雇用統計は注目の平均時給が
市場予想に届かないなど、弱い結果となりましたが
今月予想されている利上げを否定するほどにはなりませんでした。

リスクオンの流れが各国市場にも波及し、
2万円の上値が重かった日経平均も、上に抜けてきました。

ドイツや英国など欧州主要株価も過去最高値、
またインドと韓国の株価指数はいずれも年初来+17%を超え、
過去最高値となっています。

日本株のチャートは昨年末からの大きな調整ベースから、
5月にハンドルを形成し、6月にブレークを果たした様子です。

 世界の株価状況や経済状況を見れば、
日本株だけ最高値更新できずに居続ける方がよほど不自然です。

世界的な金融緩和状態が経済を支える中、
中長期目線でいることと、
日経2万円で「時すでに遅し」と見るのとでは、
今後の投資成果に劇的な差を生むはずです!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 通信では、
・週に一度の相場見通し&推奨
・個別銘柄の分析レポート2本~
・月に一度のファンダメンタル優良トップ銘柄
を配信しています。

最新トップは
創業来10期連続の増収・増益、売上高、各利益ともに過去最高を記録する
総利益率87%の高利益体質企業。
15位にも注目:高利益成長が期待できるが割安な企業

side_bnr11
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


取材等のお問い合わせ