半導体やネット企業などに利益確定売りが出ており、
前週反発したナスダックは再び大きく下落。
50日線まで下がってきました。

ナスダックは昨年の大統領選から上昇を続け、
月間でマイナスを記録したのは今年初めてです。

ナスダックの下落は、iPhone8の発売が遅れるや
Androidより劣ると報道されたApple株、
割高のため空売り推奨されたNVIDIA株の下げが影響し、
これが高値を更新し続けていた半導体指数の調整をもたらしています。

ただ、企業業績は好調で、ハイテク企業の業績に
対しては強気の見方に変わりありません。

これまで上がり続けてきたことで、
特にアルゴリズムによる利益確定売りが
発生したと捉えてよいと思います。

一方、割安に放置されている銀行株は上昇しています。

欧米金融株がそろって好調となり、また日本株市場でも
日経平均下落と逆行高に、週間で三菱UFJが4.3%上昇
となるなど上昇が確認されました。

ECBのドラギ総裁による
「デフレからリフレへ移行している」という内容の発言や、
英国カーニー総裁の「景気刺激策をいくらか解除する
公算がある」との発言は、景気回復を確認できた格好となり、

金利を上昇させました。

またFRBによる金融機関のストレス・テストの結果が
公表され、34行のうち33行が合格し、金融機関が一斉に
増配や自社株買いを発表したことも、
金融株がその資本力を持っていることが
確認されたという風に捉えられました。

こうした内容を背景に金融株は上昇しています。

好景気を背景に、金利上昇と同時に株価も
上昇していくステージと受け止め、

日本株の買いを推奨します。

小池麻千子

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
上昇相場の波に乗る準備。 
通信では、
・週に一度の相場見通し&推奨
・個別銘柄の分析レポート2本~
・月に一度のファンダメンタル優良トップ銘柄
を配信しています。

side_bnr11
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 


取材等のお問い合わせ