日本・米国・中国・新興国株・FXの情報はグローバルリンクアドバイザーズ。戸松信博、陳満咲杜、デイトレーダーZERO、小池麻千子、水上紀行、田代尚機、松井宗則が連日情報を発信!創業16年の信頼、弊社利用実績者数2万人以上
最新投資情報
  • HOME »
  • 最新投資情報

日本株

米経済指標:堅調な個人消費が押し上げてくれるか(3/3更新)

今晩は2月米ISM非製造業景況指数の発表があります 先日発表された2月米ISM製造業景気指数は49.5と市場予想(48.5)を上回り、1月(48.2)から反発したものの5ヶ月連続で50を下回っていることから、製造業が縮小 …

財布の紐がゆるみません:強い雇用指標なのに株高資産効果も薄まり弱い消費  

有効求人倍率が1.28倍と、24年ぶりの高水準となるなど消費に大きな影響を与える雇用の改善が続いているにも関わらず、実質消費支出は2年連続でマイナスを記録(15年▲2.3%)し消費の弱さは深刻化しています。 家計消費支出 …

長期的な原油価格低迷の影響~2007年を思わせる雰囲気

長期的な原油価格低迷が引き起こす悲劇~2007年を思わせる雰囲気   原油価格の長期低迷でエネルギー関連企業の経営が不安視されています。 エネルギ―関連企業は、掘削装置や鉄鋼関連なども含み多くの企業か関係しています。   …

無駄に負けない努力をする時期

足元では、円レートは、対ドルで111円割れも考えられる水準になっています。 12月の日銀短観で示された大企業製造業の想定為替レートは119.4円、自動車で118.8円でした。 企業は想定為替レートを円高方向へ修正をせざる …

欧州金融不安後退に懐疑的見方(2/15更新)

こんばんは、小池です ★今日の日本株市場は3営業日ぶりの反発となりました。 これはドイツ銀の社債(54億ドル相当)買戻しの発表によって 金融株が中心に買われ、欧州株式市場は上昇、 その流れが日本株市場に波及したと伝えられ …

緩和策・・・毒薬にかわる時(2/10更新)

こんにちは!小池です 日銀は、マイナス金利で金利差を拡大するはずでしたが、米国の経済指標が悪く、追加利上げ観測が後退したことによって 米の金利が急低下したことも、今、円高が進んでいる要因の一つだと考えられます。 それと、 …

円安あってのアベノミクス(2/3更新)

こんにちは、小池です!   今日の日本株市場は大幅続落となりました。 日銀追加緩和に対する反応は一巡したのでしょうか。 いずれにしても、一時的な反発に過ぎない可能性も高いので安心できません。 グローバルリスクオフの渦巻く …

不透明感あり「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」(1/29更新)

こんにちは、小池です(^-^) 今日の日本株市場は、マイナス金利導入が伝わると急伸したものの、 金利低下による利ザヤ圧縮が懸念された銀行株の急落で急降下するといった 大変ボラタイルな展開となりました。 引けは急反発で終え …

ECBの追加緩和、日銀の反応はいかに!?(1/22更新)

こんにちは、小池です 🙂        昨日時点で、今年に入ってからの下げ幅が3,000に達していた日経平均ですが、  今日は 3日ぶり、941.27 円高の急反発となりました。   昨日、ECBのドラギ総裁は3月の金融 …

1/24 新春セミナーin大阪 はよろしくお願いいたします。(1/22更新)

こんにちは、戸松です。 1/24はいよいよ、新春セミナーin大阪の開催日です!(来週31日は東京での開催です) 2015年12月には9年振りとなる米国の利上げがあり、2015年はさらに数回の利上げが予想されているところで …

« 1 7 8 9 10 »
PAGETOP