日本・米国・中国・新興国株・FXの情報はグローバルリンクアドバイザーズ。戸松信博、陳満咲杜、デイトレーダーZERO、小池麻千子、水上紀行、田代尚機、松井宗則が連日情報を発信!創業16年の信頼、弊社利用実績者数2万人以上

ファンドという選択肢

  • HOME »
  • ファンドという選択肢

1. ファンドという選択肢

今まで専門家(他人)にお金を預けて資産運用をした経験はございますでしょうか?
今回、弊社ご提案するのはファンドという選択肢です。
ファンドとは多数の一般の投資家から資金を集めた上で、専門家が株式などに投資して得られた収益を投資家に還元する仕組みです。
ファンドに投資を行うメリットは数多くあります。

1、プロ(専門家)に運用を任せられる
2、少額から投資が始められる
3、少額で分散投資を行うことができる
4、完全にほったらかしで資産を運用できる
5、忙しい人でも資産を運用できる
6、個人投資家では投資しにくい銘柄にも投資が可能に
….etc

もしかするとファンドは怖いという認識を持たれているかもしれません。

ファンドが怖いイメージの理由は、「投資詐欺」や「破綻や倒産」などの被害のニュースが無くならないからだと思います。実際のところ「元本が保証されると聞いたから・・・」「絶対に儲かると聞いたから・・・」このような甘い言葉に乗って詐欺などに遭う事件が後をたちません。

詐欺を見分ける2つの大きなポイントがあります。

まず1つは金融庁にきちんと登録している運用業者や販売業者かどうかということです。きちんと登録している金融機関であれば財務局のHPなどで登録を確認することが出来ます。

もう1つは、儲かった時だけの上手い話だけではなく、きちんとリスクについても話しているかどうかです。基本的に100%儲かる話というのはありません。リターンを求めるには必然的に少なくとも同程度のリスクがあるのが普通です。リスクを取ること無くリターンを求めるのは不可能なのです(そのような仕組みがあれば、そこに資金が集中して、すぐにアドバンテージが無くなってしまうのが自然です)。

少なくとも、この2つを満たしていないファンドはかなり怪しいと言わざるを得ないでしょう。実際のところ財務局への登録が無い企業は金融商品の募集は行ってはいけないのです。

しかし、その一方で、実際にはきちんと運用している会社も存在するのです。

弊社は財務局に登録しているグローバルリンクアドバイザーズ(株)という投資運用会社です(金融商品取引業登録番号 近畿財務局長(金商)第68号)。2009年1月に投資運用業の免許を取得してから既に9年以上が経っている企業です(投資顧問免許については2000年5月に取得しており、約18年が経ちます)。

中国株や米国株、ベトナム株から日本株、FXまで幅広い投資顧問を行っている弊社ですが、このたび「相場サイクルマスターファンド」というファンドを立ち上げることに致しました。
次のページではファンドについてご説明をしていきたいと思います。

次のページへすすむ


口座開設

会員エリアログイン

Q&A


PAGETOP