26日ロンドン時間午前中のドル円相場は、104円台前半で推移しています。

参院選後に高まった、政府の大型景気対策と日銀の追加緩和への過剰期待(ヘリコプターマネー)が剥げ落ちています。

この後は実際に日銀がどのような政策変更を発表して来るか、政府経済対策の内容を見ていく事になります。

ドル円・クロス円中期(6か月程度)のイメージでは、アベノミクス再起動による「円安+株高トレンドの復活。」というシナリオはイメージしにくいでしょう。

どれほどのポジティブサプライズが出て来たとしても、市場への効果は一時的(半月程度)と見ています。

ドル円・クロス円は29日以降、戻り売りのスタンスで構えておきます。


取材等のお問い合わせ