日本・米国・中国・新興国株・FXの情報はグローバルリンクアドバイザーズ。戸松信博、陳満咲杜、デイトレーダーZERO、ボリ平、小池麻千子、水上紀行、田代尚機、松井宗則が連日情報を発信!創業16年の信頼、弊社利用実績者数2万人以上

ベトナム株通信

そこには10年前の中国株がある

戸松信博
戸松信博

ポストBRICsの急先鋒としてベトナムが世界中の投資家から注目されています。
ベトナムが注目されている最大の理由は、その安価な人件費と優秀な労働力などを背景として、世界の大手企業が続々とベトナムに生産工場を設立している点。これまで世界の工場の代表格であった中国は、ここ数年人件費の高騰が著しく進んでいます。その中国の半分~5分の1程度の人件費で労働力を提供できるベトナムに注目が集まっているのです。

 icon-bell 戸松信博の次はここだよ日本株

 icon-bell-o 戸松信弘の次はここだよ外国株

お申し込みはこちら

 

その典型的な事例は半導体世界最大手のインテルが06年に入り約700億円を投じてベトナム最大の商業都市であるホーチミン市のサイゴンハイテクパークに工場を設立する計画を発表したこと。しかもその後、さらに約450億円の追加投資を決定。なんと、このベトナムの工場はインテルの半導体組み立て工場としては世界最大となる見通しです。つまり、半導体最大手のインテルをして、ベトナムを世界で最も投資するにふさわしい国と位置付けているわけです。

以前の中国株のように活気あふれるベトナム

ここで思い起こしていただきたいのが5年前の中国株です。中国がWTO加盟を正式承認されたのが01年11月。そして、中国株を代表する株価指数であるH株指数は01年11月にはたったの1790ポイントでした。しかし、07年1月には1万0877ポイントまで上昇しました。つまり、中国株をWTO加盟後に購入して5年間ずっと持ち続けていれば、平均して約6倍に上昇している計算になるわけです。

ベトナムの2014年実質経済成長率は5.98%

成長を続けるベトナム経済への投資は魅力的。 2014年のGDP成長率は5.98%で、過去3年で最高(2013年5.42%、2012年5.25%)。

ベトナムは06年末にWTO加盟を正式承認されました。もしもベトナムが中国と同様の成長ストーリーで発展していくとすれば、WTO加盟が決定した今、ベトナム株を買っておけば中国同様、数倍になる可能性は高いと言えるのではないでしょうか。しかもベトナム株の場合、携帯電話最大手の会社や生命保険最大手など、中国株の場合でも上場当時からずっと保有していれば何倍にもなった銘柄はこれからIPOを行うところです。つまりベトナム株には5年前や10年前の中国株の魅力があるわけです。

ベトナム株通信では、この魅力的なベトナム株に関する現地企業訪問レポートや早耳ニュース、あるいは外資証券会社が発信するベトナム株に関するアナリストレポートなどを日本語で提供します。

ベトナム株通信を活用していただいて、ベトナム株が抱える莫大なチャンスを是非、ものにしてください。

サービスの詳細

ベトナム株通信では、ベトナム株に関する現地企業訪問レポートや早耳ニュース、あるいは外資証券会社が発信するベトナム株に関するアナリストレポートなどを日本語で提供します。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。

サービス名 ベトナム株通信
内容 1.ベトナム株マーケットレポート
2.企業分析レポート
・現地視察レポートなど
配信頻度 1.ベトナム株マーケットレポート
月曜日から金曜日の毎日
2.投資戦略レポート
週1回
配信方法 Eメール
月額利用料 郵便振替・銀行振込ご利用の場合
月額 3,400円(税込)
3ヶ月契約 9,900円(税込)
半年契約 18,900円(税込)
年契約 36,000円(税込)

クレジットカードご利用の場合
(クレジットカードお支払いは月単位のお支払いとなります。)
月額 3,400円(税込)
3ヶ月契約 月額3,300円(税込)
半年契約 月額3,150円(税込)
年契約 月額3,000円(税込)

各種クレジットカード・銀行振込・郵便振込がご利用いただけます。

入会金 10,000円(税込)
現在入会金無料キャンペーン中です!ぜひこの機会にご入会下さい!

1.ベトナム株マーケットレポート
相場概況や個別銘柄の動きなど、テクニカル分析などを踏まえた弊社独自の相場分析レポートをお届けします。

2.投資戦略レポート

A)企業分析レポート
有力外資証券会社のレポートや独自の現地企業訪問を通じて、弊社オリジナルの分析レポートを作り上げます。その企業は、結局のところ何が他社に負けない武器なのか、そして、今後どうなっていくのか、買いなのか、売りなのかといった核心部分を、分かりやすく解説いたします。

B)投資戦略レポート
弊社オリジナル投資戦略レポートです。通常個人投資家では手に入らない、有力外資証券会社(全57社)の1日100本程度上がってくるアナリストレポートや、現地アナリストの取材に基づいて、市場は、現在、なぜ上昇しているのか、下落しているのか、その背景がわかり、今後、どのような動きをするのか、何が買いなのかなどを、その背景とともに論理的にご説明するレポートです。

投資分析・助言者

戸松信博

サンプルレポート


PAGETOP
Copyright© 2015 Global Link Advisers Co.,Ltd. All Rights Reserved.