みなさん、こんにちは。ボリ平です。

 

先週金曜日、9月度の米雇用統計の発表がありました。

失業率は前回同様(5.1%)でしたが

非農業部門の結果が14.2万人にとどまり、

予想の+20.1万人を大きく下回りました。

 

これを受けて、ドル円は120円前半から一気に下落。

一時は119円割れという動きとなったのです。

 

さて、毎月第一金曜日の発表されるこの米雇用統計では

相場に大きな動意が見られることから

発表される数字に注目が集まります。

 

 

■雇用統計の予想はナンセンス?

たとえばドル円の場合、一般的には雇用統計の結果が

良いと円安になり、

悪いと円高になると言われていますが、

毎回そのようには動いてくれません。

 

・前回値や予想値との乖離

・悪かったけれど、改善が見られた

・良かったけれど、思ったより伸びなかった

 

など、市場がどのように判断するかはわからないのです。

ですから安易に数字だけを見て判断するのは危険です。

 

トレーダー個人としての見解は

雇用統計の数字の予想はあまり意味がなく

それよりも、結果を受けて

『相場がどのように反応したのか?』

に注目すべきだと思います。

 

 

■予想をせずにトレードする方法

私のFX手法に「ハイロウズOCO手法」という

逆指値の両建て手法があります。

 

これを

バイナリーオプション用にアレンジしたのが

『BOハイロウズ手法』というものです。

 

昨日の米雇用統計で実際に取引を行っています。

 

 

■BOハイロウズ手法のレポートより

 

102米雇用統計BOハイロウズ

 

BOハイロウズ手法は、

相場の乱高下に合わせて勝負をするような

「リスクの高い」ものではありません。

 

なんと、指標発表の1時間半前

”注文を入れておくだけの手法” なのです。

 

両建てですから、

相場の上昇にも下落にも対応します。

 

『BOハイロウズ手法』の詳しい取引方法やコツなどは

会員の皆様にレポートを配布したいと思っています。

 

 

■トレーダーボリ平のスッキリ!FX/BO投資術ブログ版

◎会員用無料サポートブログへ ➡ 米雇用統計後、ドル円『全戻し』誰が予想出来たんだろう?

 

 

 


取材等のお問い合わせ