今週は本日と6日に東京市場が開いているものの、連休の谷間や米雇用統計を控えて積極的にリスクを取りずらい環境です。

安倍首相は伊勢志摩サミットに向けた根回しか、7日まで欧州とロシアを訪問しています。

国内はGWでお休みモードになりますが、米国ではISM製造業~雇用統計まで重要指標が多く発表されます。

また、中国でも重要指標が発表されることから極端な円高+株安に警戒しておくべきでしょう。

完全にGW明けとなる9日~伊勢志摩サミットへ向けては、投機ポジションの巻き戻しによる円安が期待できるでしょう。

今週は無理に大きなポジションで、リスクを取り過ぎないようにしましょう。


取材等のお問い合わせ