政府は2020年目標値を2000万人から4000万人に引き上げました。

2015年の訪日外国人数は1974万人と過去最高を更新。
元々掲げていた目標を5年も前倒しで達成しました。

訪日外国人数の急増でホテル不足が課題となる中、
出張ビジネスマンの疲れを癒すベッドが奪われています。
そんなビジネスマンの味方になりそうなのが東祥(8920)が展開する「ABホテル」。

同社のホテル事業を見ると、愛知県内での展開から全国展開がスタートした模様。
「ABホテル」は11店舗を運営、今後8店舗の新規出店を予定しています。
既存7店舗の稼働率は91%とほぼ満室状態が続いており、絶好調です。

同社のホテルは、団体客は馴染まないと判断してインバウンド(訪日外国人)を受け入れていません。
今後激増する訪日外国人にベッドを奪われるビジネスマンの強い味方となるでしょう。

東祥は主力のスポーツクラブ事業、そしてホテル事業・不動産事業を展開します。
ローコストオペレーションによる事業運営で業界でもずば抜けた営業利益率を誇り
過去最高益を更新しています。

ブログをもっと読む

side_bnr11

side_bnr05


取材等のお問い合わせ