21日からの週は、クリスマスウィークのため

1年のうち、世界中で最も閑散相場となる1週間でした。

 
通常よりも流動性が低下し、スプレッドもワイドになりがちですが
 
デイトレ的には、それなりに動意が見られ

欧州時間を中心にポンドやユーロなど比較的トレードが出来る環境でした。

 

原油もとりあえずは、下げ止まりを見せ

欧米株式も堅調さを保ったことで
 
週後半は為替相場も、フロー主導の動きとなりました。

 

クリスマスウィークをこなし、ちょっと感じたのは、

例年よりもトレード機会が多かったこと

休み返上の投機筋もいたかなと思います。

 

今年の取引もあと少しですが、

クリスマスが明けたら「新年相場」の動きなので

いち早くその流れを掴みたいと思っています。

 

個人的には、昨年の年末相場で

大きな収益を上げ、そのまま良い状態で1月に突入したといいう、

非常に良い「年明け」を経験したのですが、

 

調子よく、ロットをどんどん上げて迎えた

2015年1月15日(木)

スイスフランショックで大きくやらかしてしまいました。

 

この損失を回復するのに、そのあと

約3か月も要したという苦い経験があります。

 

トレーダーとして今年は

そんな目にあわないように冷静に相場を見なければなりません。

 

'January Effect' ジャニュアリー・エフェクト

「1年間の相場動向は、1月相場の動きで決まる。」

 

というアノマリーが示すように、

(12月29・30日を含め)1月の動きは重要だと言えます。

 

 


取材等のお問い合わせ