日本・米国・中国・新興国株・FXの情報はグローバルリンクアドバイザーズ。戸松信博、陳満咲杜、デイトレーダーZERO、小池麻千子、水上紀行、田代尚機、松井宗則が連日情報を発信!創業16年の信頼、弊社利用実績者数2万人以上

サンプルレポート ベトナム株通信

--------------------

グローバルリンクアドバイザーズ

ベトナム株通信 第3738号

週間レポート2019年4月24日号

--------------------

※※※※※※※※※※※※※
<目次>
1.銘柄レポート
▼FPT情報通信(FPT): ベトナムを代表するIT企業。世界38か国に営業・研究開発(R&D)拠点を置き、日本支社もある。世界45か国向けにサービスを提供。1万6323人のプログラマー・技術者を抱える。
2.ベトナム現地証券会社による今週の銘柄評価
3.ベトナム株コラム ---風見鶏---
※※※※※※※※※※※※※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.銘柄レポート
▼FPT情報通信(FPT): ベトナムを代表するIT企業。世界38か国に営業・研究開発(R&D)拠点を置き、日本支社もある。世界45か国向けにサービスを提供。1万6323人のプログラマー・技術者を抱える。
https://www.viet-kabu.com/rp-vncom/625-fpt-5rt7y56sd1gyw89df-17042019.html

※レポートは上記URLをお開きになってご覧下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.ベトナム現地証券会社による今週の銘柄評価

■第1送電線建設[PC1]■―19年業績目標と投資計画、投資評価「買い」―

FPT証券[FTS](FPT Securities)はPC1株の理論株価を3万VND(約144円)と評価し、投資評価を「買い(Buy)」としている。

2019年の業績目標は、売上高が前年比+19%増の6兆0430億VND(約290億円)、税引後利益が同▲8%減の4240億VND(約20.3億円)に設定されている。送電線工事と工業生産の2事業による売上高は同+75%増の3兆9000億VND(約187億円)となる見通し。

水力発電所2か所(総出力43MW)、太陽光発電所1か所(100MW)、不動産案件2件(投資総額1兆2000億~1兆9000億VND=約57億~91億円)を実施する計画だ。

■ペトロベトナム・ドリリング[PVD]■―業績成長の材料とは、投資評価「買い」―

ホーチミン市証券[HCM]はPVD株の理論株価を2万2200VND(約106円)と評価し、投資評価を「買い(Buy)」としている。

業績成長の材料は、原油価格が1バレル70USD(約7800円)で安定すること、海洋掘削リグ4基が年内にフル稼働すること、貸倒損失引当金を戻し入れすること、財政省が「PV Drilling II」、「PV Drilling III」、 「PV Drilling IV」の減価償却期間を20年から35年に延長するのを許可したことがある。

■FPT情報通信[FPT]■―PERアジアの同業に比べ魅力的、投資評価「買い」―

ベトナムKB証券(KBSV)はFPT株の株価収益率(PER)がアジアの同業他社よりも魅力的な水準となっているとし、理論株価を6万7800VND(約324円)と評価し、投資評価を「買い(Buy)」としている。

直近1年間の1株当たり利益(EPS)に基づいたPERは11.3倍、2019年の予想PERは9.5倍となっている。

FPTは定時株主総会で、ITサービスプロバイダからデジタル変換ソリューションを提供するグループに移行する方針を発表した。今後10年でデジタル変換サービスを提供する世界上位50社を目指す。

3.ベトナム株コラム ---風見鶏---

◆ナムロン投資[NLG](Nam Long Investment)

株価が2万8900~2万9500VND(約140~143円)にある上値抵抗線のすぐ下でもみ合いを続けている。株価がこれを突破すれば、上昇トレンドが確立されるものと見られる。

ただし、移動平均収束拡散(MACD)が売りのシグナルとなっているため、リスクは高まっていると見られる。また、22日に売り注文数が買い注文数を上回ったことから、投資家は慎重を期している。

◆ノバランド不動産投資グループ[NVL](Novaland Group)

5万5300~5万7300VND(約268~280円)の範囲で値固めの調整を続けた後、株価がこのレンジを突き抜けており、上昇トレンドに入りそうな状態だ。ボリンジャーバンドも拡大傾向にある。ストキャスティックス・オシレーターからも株価が上昇トレンドに転じる可能性が高いと見られる。下落トレンドに転じれば、長期トレンドラインが強力な下値支持線になると見られる。

◆PVIホールディングス[PVI](PVI Holdings)

株価が上昇を続けており、ついに強力な上値抵抗線だった3万9800~4万1500VND(約193~200円)を突き抜けた。下値支持線となっているこれの硬さが確認されれば、上昇トレンドが確立されるものと見られる。売買高も直近20営業日の平均売買高の水準を上回っていることから、PVIが物色されている。

ただし、ストキャスティックス・オシレーターがオーバーボート(売られ過ぎ)の状態となっているため、株価は激しくもみ合うことが予想される。

(Vietstockテクニカル分析部)

◆先週のベトナムマーケット

先週のホーチミン証券取引所は1勝3敗で先週末比▲16.69ポイント(▲1.70%)下落、VNインデックス四本値は寄付:970.87、高値:980.71、安値:962.05、終値:966.21、ハノイ証券取引所は1勝3敗で先週末比▲1.82ポイント(▲1.69%)下落、HNXインデックス四本値は寄付:107.70、高値:107.70、安値:105.35、終値:105.88でした。

ホーチミン証券取引所での外国人投資家は、ビングループ[VIC]、ビンホームズ[VHM]、ペトロベトナムガス[GAS]、マサングループ[MSN]、ビンコムリテール[VRE]を中心に、4565億VND(約22億円)を買い越しました。

ハノイ証券取引所での外国人投資家は、サイゴンハノイ銀行[SHB]、ビグラセラ[VGC]、ペトロベトナムテクニカルサービス[PVS]、タンロン投資グループ[TIG]、ドゥックザン洗濯用洗剤化学品[DGC]を中心に、459億VND(約2.2億円)を買い越しました。

◆週刊ニュースダイジェスト

【FPTとSBI、ベトナムで共通ポイントプログラム運営会社を設立へ】

ベトナムを代表するIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)とSBIホールディングス株式会社(東京都港区)は、ベトナムの共通ポイントプログラムである「Utop」の運営会社を双方の出資により合弁で設立する覚書を締結した。今後、FPTの子会社であるFPTソフトウェアがベトナムにおいて会社設立登記およびライセンス取得を行い、2019年6月を目途にSBIが出資参加する予定。

【FPT情報通信、1-3月期増収増益―海外利益拡大】

ベトナムIT最大手のFPT情報通信[FPT](FPT Corporation)が発表した2019年1-3月期の業績は、売上高が前年同期比+19.3%増の5兆6660億VND(約280億円)、税引前利益が同+23%増の9600億VND(約47億円)に達した。同期の税引後利益は同+21.6%増の7940億VND(約39億円)で、親会社株主帰属利益は同+23%増の6260億VND(約31億円)、1株当たり利益(EPS)は同+22.5%増の1021VND(約5円)。

【中央銀行、VPバンクとTPバンクのバーゼルII導入を許可―計6行に】

ベトナム国家銀行(中央銀行)はこのほど、TPバンク[TPB](TPBank)とVPバンク[VPB](VPBank)の2行に対し、国際的な資本規制「バーゼルII」の導入を許可した。中央銀行が求めるバーゼルIIの導入期限である2020年を前倒しし、2019年5月1日から適用する。 これによ り、現時点でバーゼルII基準を満たした銀行は、同2行に加え、ベトコムバンク[VCB](Vietcombank)、ベトナム国際銀行[VIB](Vietnam International Commercial Bank)、フオンドン銀行(OCB)、軍隊銀行 [MBB](Military Bank)の計6行となっている。

今回の配信は以上です。

ご連絡先メールアドレス
info@gladv.co.jp

HPアドレス

トップページ

◆お願い◆
弊社へお問い合わせの際には、必ず、「お名前」・「ご登録メールアドレス」を
ご記入の上、ご連絡くださいますようお願い致します。

グローバルリンクアドバイザーズ株式会社

記事の無断転用を禁じます。

=================================
グローバルリンクアドバイザーズ株式会社
金融商品取引業者 近畿財務局長(金商)第68号
大阪本社:大阪市北区神山町8-1 梅田辰巳ビル4階
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

本ホームページ及び本サービスの電子メールに掲載されている内容等は、
その取引の専門家からの情報提供を元に、当社がお客様に対し有価証券
等の価値等の分析に基づく投資判断を助言するサービスで投資の参考と
なる情報提供のみを目的としたものです。投資に関する最終判断は、
お客様御自身の責任でお願い申し上げます。また、勧誘の目的とした
ものではありません。グローバルリンクアドバイザーズ株式会社の
ホームページ及び電子メール情報を使用し発生したいかなる損害(被害)
及び民事、刑事的問題については、当社は一切の責任を免れます。
金銭・有価証券の預託及び貸付は一切いたしません。
当社の承諾なく、記事の無断転用転載を禁じます。
=================================


PAGETOP